特徴とベネフィットの違いとは?

こんにちは。
TECO中宗豊です。

今回は、
特徴とベネフィットの違い
についての話です。

商品やサービスにはそれぞれ、
特徴やベネフィットがあります。

特徴と言うのは、
言葉そのままで、その商品や
サービスの特徴です。

ベネフィットとは、
得られるメリットのことですね。

例えば、
私であれば提供しているサービスは
治療技術です。

例えば、
「ボキボキしない」という治療技術としての
特徴があったとします。

他の治療方法では、
ボキボキして治すのに対して、
私の治療はボキボキしない。

これが治療技術の特徴ですね。

ほとんどの場合、
自分の商品やサービスを提供
する際に、「特徴」しかアピール
していないのです。

私であれば、
「ボキボキしない治療法ですよっ!」
しか言ってない。ということですね。

特徴しか言ってないので、
患者さんが得られるメリットが
明確じゃありません。

ボキボキしないことで、
「何が得られるか?」を、
伝える事。

それが、ベネフィットを
伝えるという事です。

例えば、
・痛いのが苦手な人でも安心して受けれる
・子供やお年寄りでも受けれる

などなど、、、

ベネフィットの形に変換することで、
より、受けてみたいっ!と思って
もらえるようになります。

是非参考にしてみてください。

関連記事

  1. Smile6周年

    マーケティングって大事ですよねっ!

  2. 勝田マラソン2

    ウォンツとニーズの違い

  3. はてな

    良いお客さんと悪いお客さんの見極め方

  4. IMG_3677 (1)

    経営者は数字を見ることが大事

  5. ロックインジャパンフェスティバル

    シンプルに「関係性を築く」ということ

  6. branch-1290017_1280

    売れる商品やサービスの作り方