坐骨神経痛に効く!妊娠中でも簡単にできるストレッチの方法

こんにちは。
中宗です。

今回は、妊娠中の坐骨神経痛に効果的なストレッチの方法を紹介します。
坐骨神経痛に効果的、妊娠中でも簡単にできるストレッチの方法

今回の記事は、
・妊娠中に坐骨神経痛になってしまった人
・ストレッチなど自分でどうにかしたい人
・旦那さんがマッサージしてくれる人
・いつも行ってる整体やリラクゼーションサロンに断られてしまった人

を対象にした記事です。

ちなみに、整体やリラクゼーションサロンに断られるというのは、
「妊娠中だから」断られることが多いようです。

私の治療院では妊娠中の治療はできますし、
むしろ妊娠中こそ体を整えるべきだと思っています。

ただ、私の治療院まで来れない人でも
今回のストレッチをしたり、
旦那さんにマッサージをしてもらうことで、
妊娠中の坐骨神経痛を和らげることができます。

今回の記事の内容

・妊娠中の坐骨神経痛に効くストレッチ
・旦那さんにマッサージしてもらうという選択肢もアリ
・もしストレッチで治らなかったら?

この記事を書いている私は、
整体師としてのキャリアが14年。
独立開業してからは10年になります。

治療している患者さんの中には
妊婦さんも多いです。
ぱっと思い浮かんだだけでも、
・妊娠中の痛み
例)坐骨神経痛、腰痛、背中の痛み、恥骨周辺の痛み、股関節の痛み、膝の痛み、足のむくみ、頭痛、肩こりなどなど、、、
・逆子
・安産
・つわり
などの体の変化に対して
治療を行っています。

なので妊娠中の坐骨神経痛の改善例も多く、
今回のストレッチをしていただくと、
症状も改善していきます。

ただ、妊娠中の坐骨神経痛の原因は
人によって違います。

今回紹介するストレッチの方法は、
その中でも一番改善率の高い方法を
選んで紹介していますが、
稀にこのストレッチでは改善しない
妊娠中の坐骨神経痛
もあります。

その場合はどうすればいいのか?
というあたりもこの記事では、
少しふれておきたいと思います。

妊娠中でもできる坐骨神経痛のストレッチとは?

まずはストレッチをすることで、
妊娠中の坐骨神経痛が改善するか?
ということをお話していきたいと思います。

これは個人差が大きい部分でもありますが、
ストレッチをすることで坐骨神経痛が
改善するケースは多いです。

というのも、
妊娠中は骨盤に負担がかかります。
体重も増えますし、おなかが大きくなることで
重心の位置も変わります。

そうすると骨盤を支えるために
お尻周りの筋肉に負担がかかります。

その結果として、
坐骨神経痛になってしまうのです。

逆に言えば、
負担のかかっている筋肉を正しく
ストレッチすることができれば、
妊娠中の坐骨神経痛は改善できます。

実際、私の治療院に来ている患者さんにも
このストレッチの方法をお伝えして、
坐骨神経痛を改善しているケースが多いです。

坐骨神経痛のまま出産を迎えるのは
不安があると思いますのでしっかりと
出産までには坐骨神経痛を治していきましょう。

どんなストレッチをすればいいの?

では具体的なストレッチの方法を
紹介していきたいと思います。

それは
「おしりの筋肉のストレッチ」
です。

おしりの筋肉の中でも、
特に梨状筋という筋肉をのばす
ストレッチの方法を紹介します。

このおしりの筋肉が固くなることで、
坐骨神経痛になってしまいますので、
そこをストレッチすることで、
坐骨神経痛を改善していきます。

このストレッチをすることで、
股関節の動きが良くなります。

実感としては足を動かしやすくなったり
足が軽くなる感覚が得られるはずです。

ただ、しびれが出ている場合は、
その治り方に特徴があるので
しびれの治り方についても
解説をしていきます。

しびれで言うとみんな経験があるのは、
「正座をした時の足のしびれ」ですよね。

正座をした時の足のしびれを想像すると
分かりやすいのですが、、、

正座をして足がしびれてきたら、
足をのばすかと思います。

ただ、足をのばしたらすぐに
しびれが取れるかというと
そうではないですよね。

足をのばしてからしびれが実際になくなるまで
時間差があると思います。

これは坐骨神経痛の改善でも一緒です。

ストレッチをして足が軽くなったり、
股関節の動きが改善したとしても
しびれがなくなるまでは時間差があります。

なので、
このストレッチをしてしびれがとれなかった
としても1回であきらめないでください。

毎日、少しずつでもストレッチすることで
徐々に時間差でしびれが軽減してくるはずです。

これはストレッチでのケアだけじゃなくて
実際の整体の治療でも同じです。

矯正をして体を整えてもすぐに
しびれが改善されるわけではありません。

この辺りは、私の治療院で治療を受けた方に
インタビューをしていますのでそちらで
ご確認ください。

ここまでで、
「自分でストレッチをして治す方法」
を紹介しました。

ただ、妊娠中はただでさえ体に負担が
かかるのでストレッチさえしんどい、、、
という方も多いかと思います。

そこで旦那さんにマッサージしてもらう
という選択肢もありますので
そちらもシェアしたいと思います。

旦那さんにマッサージしてもらうのアリ!

私は旦那さんにマッサージしてもらう
のを推奨しています。

というのも、
自分でストレッチするよりも
旦那さんにマッサージしてもらった方が
リラックスして受けることができますよね。

リラックスしてマッサージを受けることで、
単純に坐骨神経痛が治りやすい!というのがあります。

さらに、
旦那さんにマッサージしてもらうことで、
コミュニケーションの時間が取れますよね。

妊娠中は色々な不安もあるかと思うので、
マッサージを受けている間のリラックスタイムは
非常に重要な時間です。

妊娠中の坐骨神経痛で治療に来ている患者さんには、
旦那さんにマッサージを教えることがあります。

そうすると、ただ治療を受けているだけよりも
旦那さんのマッサージを受けている方の方が
より治りが早くなる傾向があります。

まぁ、旦那さんの性格にもよりますし、
仕事で忙しいと思うので全員が協力
してくれるわけではないと思います。

なので旦那さんにマッサージしてもらうのは
絶対条件ではありませんがもし協力してくれるなら
妊娠中の坐骨神経痛を改善するには
かなり効果的ですね。

妊娠中の坐骨神経痛に効くマッサージの方法

では早速妊娠中の坐骨神経痛に効く
マッサージの方法を紹介していきます。

こちらの動画をご覧ください。

自分でやるストレッチと合わせて
このマッサージを受けることで
よりおしりの筋肉【梨状筋】の
固さが取れていきます。

結果的に坐骨神経痛の改善が
早くなりますのでぜひ試してみてください。

まとめ

今回の記事のポイントをまとめます。

・妊婦さんは体重が増えるため骨盤に負担がかかる
・骨盤に負担がかかるとおしりの筋肉が固くなる
・固くなったおしりの筋肉によって坐骨神経痛になる
・ストレッチをすることで筋肉がほぐれて坐骨神経痛が改善する
・ストレッチが難しければ旦那さんにマッサージしてもらうのもアリ
・人によって改善しない場合はほかの方法を試す必要がある
・とはいえ、おしりの筋肉の可能性が高いのでストレッチしてみる

こんな感じですかね。

ぜひ今回お伝えしたストレッチや、
マッサージの方法を続けてください。

そして、妊娠中の坐骨神経痛の
改善に役立てていただけたらと思います。

もし坐骨神経痛が改善しなかったら?

今回お伝えした方法は、
坐骨神経痛を改善するうえで
凄く重要で効果の高いストレッチと
マッサージの方法です。

ただ、妊娠中の坐骨神経痛の原因は
人それぞれ違うので全員がこのストレッチや
マッサージで改善するとは言い切れません。

これは、整体師としてたくさんの
妊婦さんや坐骨神経痛の患者さんを
施術してきた経験から言えることです。

イスに座っている時間が長い妊婦さんと、
立っている時間が長い妊婦さん、
横になっている時間が長い妊婦さん、
それぞれ生活習慣が違えば、
負担がかかる筋肉も違います。

なので、今回のストレッチやマッサージで
坐骨神経痛が改善しないからといって
治せないというわけではありません。

おしりの筋肉【梨状筋】以外の部分が
原因で坐骨神経痛になっていることがあるからです。

もし今回の方法で坐骨神経痛が改善しなかったり、
もっと体をよくしたいと感じたら、
ぜひこちらを参考にしてみてください。

妊娠中の坐骨神経痛を治す方法

妊娠中の坐骨神経痛を改善する方法を
より詳しくより具体的に解説しています。

関連記事

  1. 首の痛みに聞くセルフケア

    首を回したときの痛みのセルフケアはコレ

  2. 腱鞘炎のセルフケアはこれ

    腱鞘炎でお困りの方にお勧めなセルフケア

  3. mq3 (3)

    恥骨や股関節、足の付け根が痛いときのセルフケア法

  4. mq1 (3)

    腰痛に対するセルフケアをツイッターでシェアしました

  5. 簡単にできる腰痛ストレッチ

    簡単にできる腰痛ストレッチの方法

  6. IMG_2627

    なんとなくだるい、、、という体の不調に気づくことの大切さ